C-FRONT

エモくありたい

Spring Bootのキャッチアップにバージョンアップで理解を深めた話

最近Androidアプリ開発からサーバサイドの開発に移り、移って早々SpringBootのバージョンアップをする案件にアサインしてもらった。SpringBootはじめてです!の段階でプロジェクトのSpringのバージョン担当することもなかなかない話かと思うので、Spring Bootのキャッチアップという点からバージョンアップで対応する時に学んだことをここにまとめる。

前提

  • 業務で経験していたのはAndroid開発のみ
  • そういえば今まで業務でライブラリのバージョンアップを経験したことはなかった

要約

  • プロジェクトのSpringBootバージョンを1.2系から1.5系まであげた
  • SpringBoot始めたばかりで通常のエンハンス案件をやっているだけでは知らなかったと思える経験・感覚をつかめたので、学習の導入になった

バージョンアップを経験してよかったこと

SpringBootの導入には「はじめてのSpring Boot」でキャッチアップしていたが、そこでは知れなかったこと&もしこのままエンハンスをやっていたら知るのが遅くなってたであろうと思うことをいくつか。

ライブラリの依存関係について

バージョンアップ作業中に一番対応したのがライブラリの依存バージョンの解決だった。 //TODO:例えば AライブラリとBライブラリが中でCライブラリに依存してるが、AとBはバージョンによって依存するCのバージョンが違う、みたいなことが起こる。バージョンの違うライブラリに依存していると、順番はわからないがどちらかの依存versionしか参照できず、NoSuchMethodErrorで怒られる。この仕組みについて最初わかってないので困惑した。 mvn dependency:treeやpom.xmlDependency Hierarchyをみながら各ライブラリの依存ライブラリの整合性を修正していく作業が多かったかと思う。 ライブラリの依存関係を理解する過程で不要なdependencyなどを見つけたり、pom.xmlの整理の仕方も多少は身についたかと思う。

Android開発の時はライブラリのバージョンアップの経験がなくてライブラリ間の依存関係について意識することがなかったので勉強になった。

エラーログに向かう感覚の醸成

SpringBootを初めて触れた時、自分が書いたClassとは全く違うClassからエラーが吐き出されることにとても困惑した。今までは、基本的には自分の書いたコードからExceptionが吐かれることが多かったので、原因もわかりやすかった。 バージョンアップの対応にはたくさんのこうしたエラーに対応しなくてはいけないので、数をこなして慣れることができた。最初に感じていたゲッという気持ちはバージョンアップ経験後ではなくなったので非常によかったと思う。

参考にできるネット上のページの感覚

上にも関連することだが、たくさんエラーが出る中でわからないことを調べる時に参考になるページが集中的にインプットされる。最初はどうぐぐったらヒットするのか模索するのでとても効率が悪かったと思うので。 - Maven Repositoryの各ライブラリのDependency部分 - 公式ブログ - Release Note - Githubのissue - Javadoc - その他QiitaとかStackOverflowなどは普通に。。。 こう書いてみると当たり前なリソースな気がするが、これを経験する前はこれができなかったのである。

Springの各種プロジェクト間の関係性について

恥ずかしながら色々あるSpring系のFrameworkについて全く認識しないまま開発に入ってしまった。例えば以下などがバージョンアップを通して気づき経験した。 - starter系はversionが一緒になるのでそれを踏まえて依存関係を解決しなくてはいけない。 - Bootが依存しているSpring Frameworkのバージョンも変わるので、Spring Frameworkの変更点も確認しなくてはいけない。 - パッケージの変更などで新しくspring-securityをimportしなくてはいけなくなったり。 エンハンスだけしていたらあまり意識してなかったと思うので、いいきっかけにだった。まだ理解してないこともあるのだけど少しだけ。

バージョンアップするにあたり個別に対応したところ

どこで動かなくなったかがわからなくなるのが不安だったので、ひとつずつバージョンをあげて「ここまでは動く」を確認しながら進めた。 意外とボリュームが多かったので別記事にまとめる。うん。まとめる。

まとめ

キャッチアップ材料として「バージョンアップしてみる」選択肢としても考えてみるのも良いかもしれないと思った話。状況と必要性もあるが。 エラーのデバッグを集中的に数こなす意味ではSpring Bootの仕組みに慣れるのでよかった。エラー出ても少しは怖くない! プロダクトの設計や仕様把握はまた別なので、エンハンス始まって泣きながらキャッチアップしてる。