C-FRONT

エモくありたい

TDDBCに参加&ペアプロデモをしました #tddbc

tddbcにスタッフとして参加&ペアプロのデモをしました。

tddbc.connpass.com

ペアプロのデモとは

TDDBCではTDDのやり方を学んだ後、参加者がペアになってペアプロをしながらTDDを実践するプログラムになっています。 このペアプロでどうやって進めていくのか、のデモを行いました。 今回は@yattomさんとFizzBuzzを題材にペアプロしました。

やってみて

ある程度台本があるので安心です。ここでこういう説明が入るとか。 でも後はその場の雰囲気です。実際のペアプロをやってみせてるだけなので疑問とかもガンガン言っちゃっていいので気は幾分楽です。 今回は@yattomさんがリードしてくださり説明などもしてくれたので、なんとかなりました。 自分の開発環境を前のスライドに映しながら行うので自分の開発環境へのツッコミも新鮮でした。

今回@PoohSunnyさんから煽られてデモをすることになったけど、「人前でライブコーディングするのが一番成長するからやってみな」と言ってくれたと聞いて感謝してます:pray: (FizzBuzzをライブコーディングして成長するかは置いておいて、新しい経験だったので楽しかったです!)

その他

  • 午後は参加者に混じってペアプロやってた。1年目、2年目のフレッシュな方とペアを組んでみて自分も気づきがあって何より楽しかった。
  • tddbcの参加者の方々は話がうますぎる。どんなコードを書いたかを前で発表する時間があるのですが、皆さんプレゼンがうまくて引き込まれる。
  • 他の言語チームのコードを見たり話を聞いたりするのがとても楽しかった。Spock使ってみたくなったり、良い興味の入り口になったと思う。次は覚えたての言語で参加したい。
  • 皆テストについての興味や悩みが共通事項としてあるので、質問タイムも懇親会の即興LT大会もすごく盛り上がって楽しかった。こんなアットホームで参加者同士でこんなに仲良くなれるコミュニティはすごい。

  • ペアプロしている同士ではすぐ疑問解決されるから良いけど他のチームメンバーに逆に伝わらなくなったりしないの?な質問だったと思う。
  • PRのコメント/質問をgithub上で返すのではなく、コードのコメントに反映して設計意図を伝える方法良いと思った。

最高だった。

楽しかった!!!